特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
バリデーションへの誘(いざな)い
認知症と共に生きるお年寄りから学ぶこと

レビューを書く

価格:1,728円(税込)

カートに入れる

著 都村 尚子  バリデーションティーチャー
サイズ:B5変形判
商品番号:536
発行日:2014年07月22日

紹介文
バリデーションティーチャーである著者が、日本におけるバリデーションの取り組みを交えながら、実践をわかりやすく紹介します。入門テキストとしても最適です。


本当に「寄り添うケア」ってどうすることだろう。
お年寄りの「尊厳を高める」とは、どうすればよいのだろう。
認知症のお年寄りに真に「共感する」とは、実際にどうすることなのか。
「利用者中心の支援」を届けるには、何をどうすればよいのだろう。
「支援する側」も「される側」も幸せになるのってどうしたらいいんだろう。
こういったことを考え、悩むすべての人々にこの本を届けます。(はじめに より)
主要目次
Prologue ●きみさんの語り

Chapter 1 ● 認知症と共に生きるということ

認知症と共に生きるということ

認知症を生きるということ
1. 初期の段階
2. 時間や場所がわからなくなりつつある段階
3. 言葉を失いつつある段階
4. ねたきりの段階

●私たちがやってはいけないこと
●私たちが行えること
●認知症のお年寄りから(バリデーションを通して)何を学ぶことができるのでしょうか?


Chapter 2 ●バリデーションとは何か

Point 1. バリデーションとは何か 
Point 2.解決の4つの段階 
Point 3.バリデーションを支える考え方(原則) 
Point 4.バリデーションを可能にする基本的態度 
Point 5.バリデーションを行うための具体的な方法(テクニック)
Point 6.バリデーションの実践事例 

Epilogue ●とめきちさんの声


おすすめ書籍
一覧に戻る
page top