特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
『SOCIAL ACTION ソーシャルアクション』第3号

レビューを書く

価格:1,944円(税込)

カートに入れる

五石 敬路 編
サイズ:B5判/96
商品番号:590
発行日:2015年06月20日

紹介文
2015 年4月、生活困窮者自立支援法がいよいよ施行されました。
ソーシャルアクション第3号では、その立案過程に深く関与した皆さんに
「生活困窮者支援の理念は何か」という問いを繰り返し投げかけました。
なかでも特に注目したのは「自立とは何か」という点です。
就職して一人で生計を維持し、生活していけるようになることを自立というのか、
それとも、また別の考え方があり得るのか、
この点を明らかにしておくことは、実際に支援を実施していく段階で大きな意味を持つのではないか、そう考えました。

巻頭言より

主要目次
◆主要目次◆

【巻頭言】
 五石 敬路(「SOCIAL ACTION」編集長、大阪市立大学大学院 創造都市研究科 准教授)

【インタビュー】
派遣村から生活困窮者自立支援に至る経緯と思い
 湯浅 誠(法政大学 現代福祉学部 教授)
 聞き手:五石 敬路(「SOCIAL ACTION」編集長、大阪市立大学大学院 創造都市研究科 准教授)

【対談】 生活困窮者自立支援法はなぜできたのか
 宮本 太郎(中央大学 法学部 教授)
 山崎 史郎(内閣官房 地方創生総括官 )

【インタビュー】
生活困窮者自立支援法施行後の現状・課題・展望
 熊木 正人(厚生労働省 社会・援護局 地域福祉課 生活困窮者自立支援室 室長)
 聞き手:岩間 伸之(大阪市立大学大学院 生活科学研究科 教授)

【インタビュー】
生活困窮者支援の理念を語る
 奥田 知志(特定非営利活動法人 抱樸(福岡県))
 聞き手:五石 敬路(「SOCIAL ACTION」編集長、大阪市立大学大学院 創造都市研究科 准教授)

【事例紹介Ⅰ】
特定非営利活動法人 抱樸(福岡県)

【寄稿】
生活困窮者自立支援法における自立概念をめぐって
 後藤 広史(日本大学 文理学部 准教授)

【レポート】
アウトリーチで本人の意思に添う、確実な自立支援を
特定非営利活動法人 NPOスチューデント・サポート・フェイス(佐賀県)

【寄稿】
ソーシャルワークの現場から見る生活困窮者自立支援制度
 藤田 孝典(特定非営利活動法人 ほっとプラス 代表理事、聖学院大学 人間福祉学部 客員准教授)

【寄稿】
被災者支援と生活困窮者支援の相互作用
「しなやかな社会」づくりの最前線
 菅野 拓(阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 研究員) 

【事例紹介Ⅱ】
国見・千代田のより処 ひなたぼっこ(宮城県)

【事例紹介Ⅲ】
石巻・開成のより処 あがらいん(宮城県)

【櫛部武俊のリレートーク】

私は最後までケースワーカーの味方(3)
 渡部 剛士(自分らしいその人らしい地域生活支援ネットワーク 代表) 
 櫛部 武俊(「SOCIAL ACTION」編集委員、一般社団法人 釧路社会的企業創造協議会 副代表)

【ワーカーズ・コープはずっと社会的企業だった3】
ワーカーズコープ・センター事業団 神奈川事業本部(神奈川県)

【生活困窮者支援の現場から】
北海道釧路市における生活困窮者自立支援事業
ボランティアグループすずの会(神奈川県)
神奈川県横浜市における生活困窮者自立支援事業
特定非営利活動法人 ワーカーズ・コレクティブ協会(神奈川県)
富山県氷見市における生活困窮者自立支援事業
静岡県富士宮市における生活困窮者自立支援事業
大阪府豊中市における生活困窮者自立支援事業

今後に向けて
 池田 昌弘(特定非営利活動法人 全国コミュニティライフサポートセンター 理事長 )

編集後記
おすすめ書籍
一覧に戻る
page top