特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
マンガでわかる 生活支援コーディネーターのための
地域を元気にする 協議体のつくり方・すすめ方

レビューを書く

価格:1,540円(税込)

カートに入れる

編著 池田昌弘
サイズ:B5判 56頁
商品番号:676
発行日:2019年09月10日

紹介文
マンガをとおして、地域を元気にする協議体づくりを学んでいきます。マンガは、生活支援コーディネーターが遭遇するであろう、協議体づくりのさまざまな課題について4つのパートに分けて、協議体を活性化させるコツを描いています。

第1話「つながりを壊さない」
第2話「協議体の目的は?」
第3話「協議体運営の工夫」
第4話「協議体は誰のため」

各話の最後には、ポイントがあります。ここを読むことで、マンガだけでは説明できなかった協議体づくりの視点が強化され、生活支援コーディネーターの役割がより明確に理解できるようになります。そのほかに、全国のユニークな協議体の事例を掲載しました。協議体推進のヒントとなれば幸いです。
主要目次
地域を元気にする「協議体」とは?
【第1話】つながりを壊さない
 事例1 住民福祉活動から学ぶコーディネーターたち
【 第2話】協議体の目的は?
 事例2 行政区単位での協議の場
 事例3 懇親を活かし、「協議体」でつながる
【 第3話】協議体運営の工夫
 事例4 立場・世代を超える〝しあわせづくり〟の協議体
【 第4話】協議体は誰のため
 事例5 あるものを活かす協議体 10 年以上続く話し合い
 事例6 行政区の情報交換会を活用
 事例7 すでにある協議の場を活かし「協議体群」と位置づける

おすすめ書籍
一覧に戻る
page top