特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター (CLC)
ホームへ サイトのご利用について お問い合せ
CLCのご案内 講座&セミナー 書籍のご案内 事業委託・講師派遣
調査&研究
用語の解説 制度情報 マスコミリリース リンク レポート・アピール リンク
コロナ下で考える 気にかけ合う地域づくり
~地域を元気にする生活支援コーディネーターと協議体

レビューを書く

価格:1,100円(税込)

カートに入れる

編著:高橋誠一、酒井保、池田昌弘
サイズ:B5判 40頁
商品番号:674
発行日:2020年12月25日

紹介文
生活支援コーディネーターと協議体による地域づくり戦略

従来型の介護予防から「地域づくり」へ。
2015年4月の介護保険制度の改正で生まれた「生活支援体制整備事業」において、協議体を立ち上げたけれど、何をしたらよいのかわからない自治体必見!
住民の皆さんと一緒にご活用いただけるように、わかりやすい言葉でマンガを取り入れて解説します。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止下での「気にかけ合い」についても新たに書き下ろします!

●協議体の構成メンバーによる勉強会に!
●生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の学習会のテキストに!
●住民や専門職と、わがまちならではの生活支援体制整備事業を考える際に!






主要目次
第1部  コロナ下でできる「気にかけ合い」

第2部  アフターコロナの「気にかけ合い」を考えよう

特別講座 取り組んでみよう!お宝探しのグループワーク

先進事例 ちょっと先を見よう!

☆その他事例をたくさんご紹介!
一覧に戻る
page top